脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。


MENU

高橋ヒロムと内藤哲也のタッグ結成に見るロスインゴの行方。EVILとSANADAを凌駕するチーム誕生?

ニーオメガが今回のインタビューで言及している、

NJPW×CEOでの試合。

 

www.noumisoprowrestle.work

 最新人気のオイシイ情報はコチンチラ!?

 国内より凄い?CEOでのカード

ボクが新日本プロレスワールドに登録したのは、

昨年の9月なので、この試合のことは知りませんでした。

 

www.youtube.com

 

しかし、まあ豪華なカード!

 

日本でも見たことないっすわ、

 

ケニーオメガ&飯伏幸太

    VS

内藤哲也&高橋ヒロム

 

 

今では実現不可能な、夢のカードになってしまいましたね。

 

 

アメリカのeスポーツイベント

“CEO Fighting Game Championships”

とのコラボってことで、

ゲームファンで新日本プロレスも好きな方は

たまらないイベントだったはず!

 

eスポーツの凄さと新日本プロレス

ボクはゲームをそんなにしないですが、

スト4が出たときにはまってやっていたので、

プロ格ゲープレイヤーの動画とかは凄く見ていました。

 

だから、ケニーオメガが、

EVO JAPANの時に、

ときどっていう、

プロのゲームプレイヤーに

インタビューしている時の嬉しそうな顔は、

 

ケニーは本物の格ゲーヲタだな…

って思いました。

 

eスポーツって、

アメリカとかでは何年も前から

ガンガンやってて、

その優勝賞金とか半端ないんすよね。

 

20億円とかあったり。

いや、これマジで。

 

 1位はまさかの・・・?

 

格闘ゲームだけじゃなく、

いわゆる「タワーディフェンス」系のゲームで

最も人気が高いものとかが、

そういう高額賞金になってるんですけど。

 

 

こういう市場に、新日本プロレスは

もっとでりゃいいのに。

 

ケニーにもっと

そのあたりを任せてもよかったのに。

 

とか思います。

 

 

もともとカードゲーム会社なんだから。

 

eスポーツに手を出さない時代遅れな新日本プロレス?

子どもたちの間ではまだ流行ってんのかな?

ブシロードのカードゲームは。

そのゲームの大会とかをバンバンやって、

そこでプロレスの試合もして、

 

もっと、eスポーツとコラボすれば、

新日本プロレスの

新しい可能性も出てくると思うのになー。

 

 

DDTとかだったら、余裕でやってるはず。

 

まあ、だからやんないのかも。

 

「ここは新日本プロレスだから!」

なのかなー。んー。

 

それとも、eスポーツのことが

わかるスタッフがいないのかな?

なわけないよなー。

 

木谷さんが進めた、オタク排除のついでに、

ゲームオタクのケニーも排除!?

 

内藤&ヒロムVS飯伏&ケニー

まあ、この話は置いといて、

 

 

このCEOでの試合。

タッグマッチ。

 

いやー、イベントの一環とはいえ、

 

流石は新日本プロレスですね!

 

最高峰の試合を提供した!

 

って純粋に思います。

 

内藤哲也と高橋ヒロムのタッグワークって、

あんまり見た事なかったですけど、

 

もっとガンガンやったら、

IWGPタッグどころか、

平成最後の名タッグになってたはず!

 

内藤哲也の動きを熟知しているのか、

高橋ヒロムの動きに全く無駄がない。

 

最強タッグである、ゴールデン☆ラヴァーズ

の動きも流石ですが、

 

もっともっと、

回数重ねるごとによくなる気しかしませんね。

高橋ヒロムヘビー級転向?

新日本プロレスでは、内藤哲也がヘビーで、

高橋ヒロムはジュニア。

 

だから、あまり交わることはありませんでしたが、

復帰後は、タッグでガンガンやって欲しいですね!

 

この試合でも、

「ヘビー級を意識する高橋ヒロム」

と実況で言っている通り、

 

高橋ヒロムこそヘビー級に転向して、

シングルはもちろん、

 

内藤哲也とのタッグチームで、

タッグ戦線を盛り上げてほしい!

 

鷹木信悟のロスインゴ入りは、高橋ヒロムの欠場により、

急激に決まったと、一部では言われています。

 

この先、高橋ヒロムが復帰したら、

ヘビー級転向するのでしょうか?

 

以前、鷹木信悟の「無差別級」転向について書きました。

 

www.noumisoprowrestle.work

 

正直言って、

BUSHIが鷹木信悟のパートナーである意味は、

鷹木信悟が新日本プロレスに

まだ浸透していないからだと思っていました。

 

いくらドラゴンゲートでは

トップ選手がだったとしても、

新日本でいきなりメインは張れない。

 

ですが、BUSHIなしでも、

シングルでも会場を沸かせられる今、

ジュニアタッグ戦線から抜けて、

「無差別級」の戦いに行くべきです。

 

www.noumisoprowrestle.work

 

過去の動画を、

ケニーオメガの炎上インタビューっていう

タイミングで見てきましたが、

 

やはり、高橋ヒロムがいないロスインゴは、

なんかちょっと物足りないですね。

 

EVILやSANADAは、

クラシカルな考えが強すぎる。

 

好きだけど。

 

内藤哲也と高橋ヒロムのタッグに比べたら、

チームとして地味。

 

それがいい!って

ファンの方も多いのでしょうが、

 

好きだけど。ボクも。

 

「シングルプレイヤー同士のタッグ」

 

って、聞こえはカッコいいですが、

 

巧いタッグワーク見せられるチームの方が

いいに決まってます。

 

SANADAの連続プランチャなんて、

派手で良かったですけど、

 

GODスーパーパワーボムの方が、

よっぽど派手で魅力的。

 

と、思うんです。。。

 

好きだけど!(しつけぇ)

 

さてさて、2019年のロスインゴはどう動く?

 

NJCの飯伏幸太戦を落としたら、

内藤哲也の上半期は、、、?

 


Twitterのフォローお願いします!



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓

人気ブログランキング