脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。

MENU

IWGPジュニアタッグ挑戦はエル・ファンタズモとロビー・イーグルス?【新日本プロレス】

IWGPジュニアタッグ挑戦は
エル・ファンタズモとロビー・イーグルス?

 

 

 

ベストオブザスーパージュニア(BOSJ)
も残すところ3日程。

A、Bブロック共に、
得点上位の2名、

鷹木信悟選手vs石森太二選手

ウィル・オスプレイ選手vs田口隆祐選手

による決戦で、
両国大会のメインでの優勝決定戦に進出する選手が
決定します。

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/0929_top.jpg

(引用:新日本プロレスオフィシャルサイト)

色んな予想などはコチラに書いてありますが、

のうぷろ的には、

色んなパターンを考えて、
特にBブロックは混戦が続いたので、
まだまだ”あの選手”が行くかも、、、

なんてことを過去にかきました。

 

www.noumisoprowrestle.work

 

 

www.noumisoprowrestle.work

 どれもこれも、

【深読み】

しすぎて大ハズレですが、
リーグ戦の星取表で「まさか!」を予想するのは
昔からの楽しみの一つでもあるので、
今度はG1でまたやりたいと思います。

 

 BOSJの台風の目は?

 さて、話は変わりますが、
今回の「台風の目」は誰だったでしょうか?

ボクは当初、SHO選手だと思っていました。

ロッポンギ3Kの枠から飛び出した、
SHO選手。

特に初戦では、鷹木信悟選手とあたり、
昨年の10月からの参戦以来記録している、
「無敗」を止めるかもしれない、と期待された
SHO選手も今大会、目を見張る成長を遂げました。

BOSJ仕様に身体を仕上げ、
キックレガースを着用しての
ストライカースタイルを
今までのスタイルにブレンドしたSHO選手は、
「優勝」の二文字が見えていたと言っても
過言ではありませんでした。

しかし、終盤やや失速。

厳しいリーグ戦ですから、
後半にスタミナ切れを起こしても
仕方がないくとは思いますが、
一方で、全勝している鷹木信悟選手などがいると、
やはり、まだ一歩、
届かない距離があるんだな、と思いました。

 

 

エル・ファンタズモとロビー・イーグルスに期待

となるとやはり、「台風の目」は鷹木信悟選手、
となるのですが、
リーグ戦を通してみていると、
エル・ファンタズモ選手とロビー・イーグルス選手
がBブロックをかき回したように思えます。

どんたくシリーズで、石森太二選手のパートナーX
として登場したエル・ファンタズモ選手。

BOSJでも、その「独特」で「卑劣」な手段で
星取をスムーズにいかせてくれませんでした。

最も記憶に残っているのは、
ロビー・イーグルス選手とウィル・オスプレイ選手の
公式戦で、セコンドについていたかと思いきや、
乱入。そして、ロビー・イーグルス選手を
アシストしたかと思いきや、

なんと、ロビー・イーグルス選手は不服そうな表情を浮かべました。

そして、「金星」ともいえる、
ウィル・オスプレイ選手からの勝利も、
ロビー・イーグルス選手は喜ぶどころか、
エル・ファンタズモ選手に
「こんなことしてくれなんて頼んでない!」
と激昂!

 

 

エル・ファンタズモはしたたか?

実は、このエル・ファンタズモ選手の行為は、
ロビー・イーグルス選手を助ける行為かと思いきや、
ウィル・オスプレイ選手に土をつけるためのものだったんです。

この試合の前に、YOH選手から敗北を喫し、
痛い2敗目を喫したエル・ファンタズモ選手。
この痛みを、イーブンにするためには、
ウィル・オスプレイ選手に負けてもらうしかない。

そう思っての乱入。
しかも、したたかに、
「ロビー、君のボクと同じ10点にならんだじゃないか?」

と、仲間思いの振りをする始末。

この一連をみて、確信しました。

今回の「台風の目は」エル・ファンタズモ選手だ。

そして、新日本ジュニアに久々の正統派ヒールが来たな!と。

で、こういう記事を書きました。

 

www.noumisoprowrestle.work

 

 

次期IWGPジュニアタッグ挑戦者は?

エル・ファンタズモ選手とロビー・イーグルス選手は、
BULLET CLUB所属ですので、継続参戦することでしょう。

 

なので、これからのジュニア勢力図は

本隊は、田口隆祐選手、ドラゴンリー選手(CMLLだけど)

CHAOSは、SHO、YOH

鈴木軍は、金丸義信選手、エル・デスペラード選手

ロスインゴは、鷹木信悟選手、BUSHI選手

BULLET CLUBは、石森太二選手、エル・ファンタズモ選手、
ロビー・イーグルス選手

となってきます。

更に、復帰未定ですが、高橋ヒロム選手も参戦してくれば、
ジュニアが俄然面白くなってくることでしょう!

 

そして、今後の展開予想ですが、
BOSJ優勝者が、ドラゴンリー選手がもつ
IWGPジュニア王座に挑戦。

のうぷろ的予想は、
鷹木信悟選手
です!

 

そして、IWGPジュニアタッグ王座への挑戦示唆も、
最終戦で行われるでしょう。

最終戦は、BOSJエントリー者が、ブロックを越えての
スペシャルタッグマッチを行うのが通例。

SHO選手、YOH選手共に、予選敗退が決まっているので、
最終戦は、この2人のタッグ、あるいはもう一人加えての
6人タッグマッチなどが組まれるでしょう。

その時に、誰が、SHO選手&YOH選手に挑戦表明をするのか?

考えられるタッグとしては、
エル・ファンタズモ選手&ロビー・イーグルス選手
なのではないでしょうか?

不協和音が続く2人ですが、
そこは、一筋縄ではいかないBULLET CLUB。

この不協和音を油断させる武器として、
IWGPジュニアタッグへの挑戦をするんじゃないかと考えます。

 

もちろん、石森太二選手が優勝決定戦へコマを進めれば、
鷹木信悟選手&BUSHI選手が再び挑戦するという流れもありますが、

鷹木信悟選手シングルプレイヤーで活躍

        &

新しい、ベビーVSヒールの構図を生み出してほしい!

という願いをこめて、こういった予想を立てます。

さあ、どうなるBOSJ!


Twitterのフォローお願いします!



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓

人気ブログランキング