脳みそプロレス

新日本プロレスをメインに熱狂と感動を書き綴るブログ

MENU

MOXと海野翔太 半年前の回顧録 【新日本プロレス】

久々に書いてみようと思います。
まあこんな時期だし、家にいるのが最適。
といおか、それ以外するなって雰囲気だから、
何が正しかわからないうちは「正しそうなことを全部やる」
そんな姿勢で、久々にプロレスを見て、プロレスを書こうと思います。

 

何から書こうと思った時に、
ほぼ毎日更新していた時期は、リアルタイムな情報をもとに書いていたんですけど、
今は試合は行われず、SNSを更新する選手もまばら。
そんな中、他のブロガーさんのブログを覗いてみると、
ご自身のプロレスへの所感や、これからの展開などを自由自在に書き綴っているのを見て、
ああ、やはり文才のある方はすげぇな、などと自身の不甲斐なさを痛感しました。

なんて思いながらも、書かない事には始まらないので、
とにかく思ったことを、タイムレスにでも書いて、この「のうぷろ」を再開していこうと思います。

で、まずは、最後に書いた記事の続きから、
自分がプロレスを書かなくなったからのことを振り返って、
「のうぷろ」的に書いていこうと思います。

 

 

最後に、キチンと書いた記事は、G1クライマックス開幕戦。
この頃に僕が一番興味を持っていたのは、
ジョン・モクスリー選手でした。
WWEを退団し、ジュース・ロビンソン選手の宿敵として、
新日本プロレスに参戦したMOX選手。

元WWEのスーパースターの参戦は、クリス・ジェリコ選手のように、
最凶ヒールとして、椅子でぶん殴り、テーブルにパイルドライバーを決め、
ベルトで殴打して、3カウント、という極悪なキャラが多かったっすよね。

でも、MOX選手は違った印象を受けましたよね。
WWE的なものを求めて、WWE的な扱いをされてくて来たんじゃなくて、
新日本プロレス的な試合内容を求め、ラフファイトよりは、グラウンドレスリングもきちっとこなす、巧い選手でした。

新日本道場、LA道場生以外の外国人選手、WWEを経験した選手の中で、
ここまで巧い選手を見たのは久々な気がします。

デイビーボーイスミスJr.選手やザックセイバーJr.選手のように、
ランカシャースタイルゴリゴリの選手ならまだしも、
あんだけのフィジカルを持って、パワーやラフに走らないMOX選手に目が離せなくなりました。

 

で、もう一個のトピックスは、海野翔太選手をタッグパートナーに任命したこと。

これは一体どういう意味だったのか?

 

www.noumisoprowrestle.work

 最後に書いた記事ににも書きましたが、
新日本サイドが、海野翔太選手を海外遠征を介さずに、
ステップアップを図ろうとしてんじゃないかって、
この時は考えていました。

結果として、これは全くの大外れで、
ヤングライオン杯で優勝を逃したものの、
海野翔太選手はイギリス遠征に出ることとなりました。

まあ、MOX選手は継続参戦するわけじゃないし、
そうじゃなくてもUS王座で年内に何回か試合あるんだろうなー、
と思っていたら、台風直撃による、来日不能での王座返上。

これが、元々の既定路線だったかどうかはわかんないっすけど、
ちょっとショックでしたね。

 

これ以降、少しプロレスから距離を置くようになったんですけど、
1・4には来るんだろうか?

と思っていたら来ましたね。しかもランス・アーチャー選手との王座戦で!

 

そして、US王座を奪取し、鈴木みのる選手とのタイトルマッチ。

約半年の伏線をここで回収してくれましたね。
G1クライマックスにエントリーされなかった者と、
G1クライマックスのエントリーを力づくで奪っていった者。

この辺りの渋目のマッチメークするあたり、全方位が見えてるなー、外道さんはと思いますね。あと、鈴木みのるが凄い。

 

防衛して、これからの展開が!ってところで、新型コロナの影響で物語は一旦ストップ。

でも、これからどうなるんでしょーか?

G1開幕前の因縁は、年をまたいで回収されたってことは、

海野翔太選手とMOXの関係もいつか・・・?

 

 

 

 


Twitterのフォローお願いします!

⇒人気ブログランキングはコチラ

 



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓