脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。

MENU

新日本プロレスは棚橋弘至を推す?ケニーオメガも飯伏幸太も踏み台でしかない事実とは?

2019年も楽しくプロレスを見られますように。

 

ということで、年末は一切更新が出来なかった「脳みそプロレス」です。

 

アタクシ、都内で音楽のハコ屋さんやっておりまして。

でも、ただの「ハコの人」以上の関わり方をしているもので、どうしてもクリスマスから年末は大忙しで、狂乱の、狂い咲きサンダーロードなんすよね。

 

そして、無事年が明けたという事で、またボチボチ更新していきたいと思います!

 

・棚橋弘至の経験値か?ケニー・オメガのスピードか?

というわけで、2019年「イッテンヨン」まで残りわずか。

f:id:noumisopurun:20190102000044j:image

(引用元:新日本プロレスオフィシャルウェブサイト)

棚橋弘至選手を「歪んだ見方で推す」アタクシとしては、ケニー・オメガ選手との一連の”煽り合い”にどう決着をつけるのかが楽しみです。

 

noumisopurun.hatenablog.com

 

 

 

棚橋選手は、昨年のインターコンチでのジェイ・ホワイト選手には勝利しました。

これは、経験値で大きく上回ったからでしょう。

しかし、その数週間後、同じく”経験値の差”によってインターコンチから陥落しましたよね。

 

そう、雪の札幌二連戦での鈴木みのる戦!

 

普段からウェイトトレーニングはやらないと公言しているみのる選手。

しかし、様々なインタビューで話している通り、スピードに関しては衰えていません。

 

棚橋弘至選手が組み立てるレスリングを、スピードと経験値で上回った結果、

鈴木みのるという”サイコーな極悪王者”が誕生しました。

 

では、今回はどうでしょうか?

 

スピードに関しては、ケニー・オメガ選手が圧倒的でしょう。

「プロレスラー・フィジカル」の棚橋選手と、

「アスリート・フィジカル」のケニー・オメガ選手。

 

もともとウェイトトレーニングが大好きな棚橋弘至選手は、

ボディビルダ―のような重たい体ながら、そこそこのスピードを持ち、

キャッチレスリングにオリジナリティを加えるという、基礎がありながら派手でわかりやすいスタイルでした。

(今は、その「そこそこ」のスピードも消えかかっていますが・・・)

 

それに対しケニー・オメガ選手は、自身の趣味でもあるゲーム的な動きをふんだんに取り入れたスタイル。

基礎がしっかりしているというより、閃きが先行し、他を圧倒するというイメージです。

だからこそ、スピードと柔軟性は必須。パワーよりも技を重視したスタイル。

 

フィジカルとスピードの概念は全くの真逆。

 

ならば、経験値の差。

noumisopurun.hatenablog.com

 

 

・脳みそプロレス的「2019年の新日本プロレス」

 

飯伏幸太選手をして、棚橋弘至のプロレスは「心を震わせるプロレス」と言わしめた2018年G1クライマックス決勝。

棚橋弘至の経験値というものは、何度ベルトを巻いたか、とか、集客がどうだったかとか、SNSの”いいね”の数がどうとか、ではないんです。

 

いいも悪いもプロレスにもってくる。

そうすることで「クソ有名になる」ことこそが、棚橋弘至の目的。

そして、それはもう目の前。

 

ケニー・オメガは最後のジャンプ台なんです!

 

「勝ち負けだけでプロレスやっていない」って内藤哲也選手は言いました。

 

ならば我々プロレスファンも、いい加減「勝った負けた」じゃない評価を下しましょう。

 

一部上場企業を目指す新日本プロレス。

ということは、

 

棚橋弘至とケニー・オメガのどっちが勝とうとも、2019年の新日本プロレスは、

棚橋弘至中心で回る!

 

と、読んでおります。

 

さて、

どうなるか「イッテンヨン!」


Twitterのフォローお願いします!



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓

人気ブログランキング