脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。


MENU

プロレス大賞なんてもういらない!内藤哲也と鈴木みのるにみるプロレスラーとしての覚悟!

棚橋弘至選手 プロレス大賞MVPおめでとう!

www.tokyo-sports.co.jp

 

2018年で一番の活躍をした!ということですから、

おめでとう!は言います。 

 

 

現在の新日本プロレスファンの方々には「内藤哲也選手推し」「ロスインゴ推し」

の方が多いので、今年の内藤哲也選手の活躍には、忸怩たる思いがあったでしょう。

 

しかし、常にお客様を思い、常に何かしらのアクションを起こし続けた内藤哲也選手が

プロレス大賞MVPを取るべき!とお思いでしょう。

 

ボクもそう思います。

 

先日放送されたNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも、プロレスに対する真摯な思いが放送され、プロレスファンのみならず、多くの方を感動させました。

 

そして、今年の春に行われた熊本大会。

 

熊本地震の爪痕消えぬまま、九州豪雨に見舞われ、その被害は甚大なものになりました。

 

ボクは福岡県の南部出身なので、このことは全く他人事とは思えませんでした。

家族に連絡し、友人や、その知人に至るまで、大事はないか、確認をする日々が続きました。

 

その日々を越え、開催された新日本プロレス熊本大会。

 

「どんたく」シーズンに福岡にやってくる新日本プロレスが、九州をシリーズとしてサーキットしてくれるようになったのはここ数年の話。

 

ボクが子どもの頃には、一年に一回、しかもビッグマッチ扱いではない大会ばかりでした。

 

みんなの楽しみになった九州シリーズ。

でも、神様はそんなみんなの楽しみを奪いました。

 

辛い毎日に、大好きなプロレスまで来てくんなくなりました。

 

 

でも、来てくれた。

大好きな新日本プロレスは来てくれた。

 

そして、大好きな内藤哲也選手はこう言ってくれた。

(引用元: https://youtu.be/0-ObyMHsmiM

 

この言葉が脳裏に焼き付いて離れない。

 

だからボクはプロレスが好きなんだ。内藤哲也が好きなんだ。

 

でも、MVPは取れなかった。

 

 

 

でも、そんなに悲しくはない。

 

同じこようなことを、ファンに対してじゃなく、仲間であるはずのレスラーに放った人がいます。

 

2011年東日本大震災後のNOAHでの大会。

鈴木みのる選手は杉浦貴選手にこう言いました。

www.youtube.com

(引用元https://youtu.be/3Co4OFlDYYEwww.youtube.com)

 

 

誰が悪いわけじゃない。みんな考えた。みんな自分なりの答えを見つけ出した。

 

そのことに誰も非難する権利はない。

 

だから、杉浦貴選手のことを誰も責めないし、これを見ても誰も悪いとは思わない。

 

 

だからこそ、前に進むしかないんだ。

 

だからこそ、言葉を発したからこそ、その言葉を受けたからこそ。前に進んで行くんだ。

 

それぞれ受賞歴はあるけど、

内藤哲也選手も、鈴木みのる選手も、誰かを励ます言葉を発した時に、

プロレス大賞を受賞していない。

 

だけど、ボクらの心の中で生き続けるのは、

 

誰かが困った時に、誰かが悲しんだ時に。

誰かが怒った時に、誰かが傷ついた時に、

 

手を差し伸べてくれる、言葉をかけてくれる、

誰かに物申してくれる、一緒に「頑張ろう」って言ってくれる

 

そんな人なんじゃないでしょうか。

 

ぶっちゃけ、プロレス大賞なんて、「勝手に受賞すりゃいいじゃん」って気持ちです。

 

明日から始まるロードトゥ「イッテンヨン」で、何を見せてくれるか?

 

それしか、ボクらには興味ないんだから。