脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。


MENU

TAKAみちのく追放?鈴木軍対決の行方は?WTL開幕戦&第2戦をツイッターで追う!

「ワールドタッグリーグ2018」が遂に開幕しました!

 

f:id:noumisopurun:20181119162652j:plain

(引用元:新日本プロレスオフィシャルウェブサイト)

 

2日目を終え、7試合が消化されたリーグ戦で勝ち点を得たのは、

永田&中西組、ジュース&フィンレー組、バレッタ&チャッキー組

G.O.D、K.E.S、ザック&タイチ組、L.I.J組

 

ボクが注目している、今回のリーグで最年少タッグの、吉田綾斗選手&海野翔太選手組は惜しくも初戦は黒星。

しかし、ジュース&フィンレー組という、新日本・本隊の実力者外国人タッグに対して、引けをとらない、これからのリーグ戦も楽しみな試合を繰り広げていました。

 

 

 

「これが、ワールドタッグリーグの重み。次は絶対勝ってやる」

と、敗戦を悔しがりながらも、瞳の奥の闘志はより強くなっていた海野選手。

新日本参戦してからの成績を憂いながらも、「このタッグリーグ、いいチャンスだと思うので、絶対優勝します」という吉田選手。

 

一方のジュース&フィンレーは、時差ボケと新人相手の試合に不満を募らせながらも、

リーグ優勝、1.4出場、そしてUS王者であるCody選手への挑戦を、虎視眈々と狙っているのが伺えるバックステージ。

 

このように、いつもは休憩前の試合に出場している選手が、リーグで勝ち星を挙げていくことで、新しいチャンス、そして

 

1・4東京ドーム レッスルキングダム出場が叶う!

会場へ足を運ぶ皆さん、新日本ワールドで観戦される方、

「推し」へのあなたの声は、1.4につながるんです!

 

優勝すれば、IWGPタッグ王座挑戦となるでしょう。

しかし、現王者であるG.O.Dや、優勝チームに勝っていたりすれば、その先の挑戦権も視野に入ります。

 

そう、2019年の新日本プロレスは

 

もう始まっているんです!

 

さあ、そんな中、初戦から気になるカードがありました。

リーグ本戦ではないカードでしたが、謎を秘めたカード…

 

鈴木軍対決!

 

鈴木みのる選手、飯塚高史選手、エル・デスペラード選手VSK.E.S、金丸義信選手

 

鈴木軍らしい場外での大乱闘!そしてリング内でも、同門対決とは思えない激しく、重く、えげつない攻防!

そして、この試合を制したのは、ボス・鈴木みのる選手。

 

この一戦がなにを意味するのか?ネット上ではこれからの鈴木軍の行く末に関わる一戦ということで注目が集まりました。

 

しかし、結果はなにも起こらず…

 

起きたのは…

 交通事故!!!

 

デスペ選手、試合後のバックステージで、

「あーあ、鈴木軍メンバーとは同じコーナーにしかたちたくねーなー…おっかねぇ」

とコメント…

心中お察しします…

 

そして、勝利したボスはと言えば、「あの」表情で・・

「明日のリーグ戦で、ぶっ殺してやる!」

 

この発言だけ切り取ると、「解散」がよぎりますが、一体鈴木&飯塚組VSK.E.Sはどうなるんでしょうか?

 

そして、その気になる一戦。

昨日同様、場外乱闘で幕開け。

 

リングに戻れば、それは軍団のボスと、番犬、どちらが強いのか、

キャリアや立場や年齢も何も関係ない、そう、

 

レスラーとしての意地の張り合い!

 

この同門対決の意地の張り合いは、数々のレスラーを葬り、IWGPタッグを始め様々なタイトルをその手に、その腰に巻いてきたK.E.Sの「キラーボム」で飯塚選手から勝利。

 

意地の張り合いに負けたボス。鈴木みのる選手はどういう行動に出たのか…

 

f:id:noumisopurun:20181119173831j:plain

(引用元:新日本プロレスオフィシャルウェブサイト)

 

終わればノーサイドのグータッチ!

 

しかし、ランス・アーチャー選手の表情に対して、鈴木みのる選手の顔は曇ったまま。

純粋に「負け」の悔しさが大きかったんでしょう。

 

鈴木軍の内部分裂説は、いったいどうなのでしょうか?

次は、タイチ&ザックセイバーJr.組に何かが起きる!?

 

そして、会場に一瞬の緊張感が走った、次の試合。

 

石井智宏選手&矢野通組VSザックセイバーJr.&タイチ組

 

この試合にセコンドとして登場したのは、スキャンダル報道が出た

TAKAみちのく選手。

「追放」の二文字が頭をよぎる方も少なくないはず…

いつものように、ザック選手の口上を務めるTAKAみちのく選手。

それは、いつもの、そう、全くスキャンダラスなものではありませんでした。

 

1.4東京ドームのカード以外で、今一番動向が気になるのは鈴木軍の今後と言っても過言ではありません。

 

だから、この2戦は大きな注目が集まりました。

 

が!

それを全て吹き飛ばしたのがこの男!サブミッションマスター!

 

ZSJ!

 

ザックセイバーJr.!

 

なんと、この試合で、石井智宏選手を失神KO!

そして、前回鈴木みのる選手が敗れた、ブリティッシュヘビー級王座への挑戦をアピール!

 

鈴木軍の暗雲を吹き飛ばしたザック選手。プロレス見てて久々しびれました!

 

やっぱ、まだまだ鈴木軍に目が離せません!