脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。

MENU

群れない孤独主義者・飯伏幸太の覚悟。

れるとはなんだ?

 飯伏幸太NJC1回戦突破記念で、

 

「群れない飯伏幸太」

「内藤哲也」について書きましたが、

 

www.noumisoprowrestle.work

 

今回は「群れる」というもの自体に

触れていこうと思います。

 

新日本プロレスで「群れる」ということ

棚橋弘至は新日本プロレスのキャリアにおいて

KENSO(当時鈴木健想)との

「KING OF THE HILLS」

を除いてほとんどユニットを組んでいません。

最近ではジャイアント馬場追善興行でも組んだ

ヨシタツとのタッグも一瞬ありましたが、

シングルでの活躍を多くやってきました。

 

オカダカズチカも外道とのコンビはありましたが、

タッグチームとしての活躍はほとんどありません。

YOSHI-HASHIとのタッグも、

同じユニットだからってくらいで、

際立った結果もありません。

 

 

 

 

 

この2人はそれぞれ、
本隊とCHAOSというユニットで「群れ」ながら、
タッグチームという「群れ方」はしてきませんでした。
 

そして昨年末、この2人はドリームタッグを結成。

しかし、本格的なタッグというより、

ジェイ・ホワイトやバレットクラブという

共通の敵を倒すために一時的に組んだ、という印象です。

 

IWGPヘビー級王座防衛記録をもつこの2人が、

「群れなかった」こと。

それは即ち、 

新日本プロレスにおいて

「群れる」ことは不利だという事。

 

タッグチームのイメージがついてしまうと、

なかなかシングルでの活躍が見込めなくなってしまう。

EVIL&SANADAなんかがそのいい例だと思います。

それぞれシングル戦線でも十分通じる力を持っていながら、

タッグイメージがそれを邪魔しているという印象です。

 EVIL&SANADAの情報はこちら

 群れない男・飯伏幸太

新日本プロレスで「群れ」ちゃいけない。

トップを獲れないから。

それを知ってか知らずか、

飯伏幸太は常に、孤独を選んできました。

 

 

 

 

 

前にも引用した、KAMINOGE41号で飯伏幸太は、
内藤哲也への言及とは別に、
「今年から社会に出るフレッシュマンへのアドバイス」
というテーマで話を進めていました。

ボクからひとつだけそういう人たちにヒントを言えるとしたら、
「組織に馴染むとマズイ」っていう(笑)

ー組織に馴染むとマズイ!(笑)

そうです。組織に馴染まずに孤立していたほうが上がっていくんですよ。

ーなるほど、なるほど!

馴染むとそこで止まるんですよそこまでなんですよ。だから、ボクもこうして孤立を楽しんでるんじゃないですか(笑)

 (引用元:KAMINOGE41号)

 

新日本プロレスに馴染むと、上へあがっていけない。
この「上」ってのは何を指すのか明言していませんが、
恐らくIWGPという価値観ではなく、
「飯伏プロレス研究所」で「自由」を満喫するという、
自分なりのゴール地点を指しての「上」だったと思います。

 

この当時の飯伏幸太は、まだこういう思いでいました。
しかし、その思いは完全に崩されました。

棚橋弘至によって。

 

 

2017年のインターコンチネンタル戦で、

棚橋弘至は飯伏幸太の「自由」さを完全否定。

「カミゴェ=棚橋弘至超え」なのに、

飯伏幸太は新日本プロレスで何もやっていない。

 

 棚橋弘至の言い分も分かります。

「新日本プロレスの象徴ともいえる

オレ(棚橋)を越えた飯伏幸太が、
なぜ内藤哲也に存在感で負けてるんだ?」

 

それはきっと飯伏幸太が

「組織に馴染まなかった」から。
孤立して上にいく、という意思は、
いつのまにか、誰からの支持を得られずに

宙ぶらりんになってしまった。

 

唯一手を差し伸べたのが、AEWのケニーオメガ。
しかし、遂に飯伏幸太はケニーオメガから離れ、
覚悟を決めました。 

 

「群れる」ことを毛嫌いした飯伏幸太。
「群れる」ことは正しい選択じゃない。
棚橋弘至だってオカダカズチカだってそうだったから。

 

ただ、「群れる」と「馴染む」を混同してきたからこそ、
「宙ぶらりん」になっていました。

 

 

NJC1回戦後の飯伏幸太は、フリーをやめて所属することを匂わす発言をしました。

これは、新日本プロレスに「馴染む」ことを

選んだと捉えられます。

 

これは確実に言えます。

 

IWGPヘビー級王者・飯伏幸太誕生

それがMSGなのか、どんたくなのか、大阪城ホールなのか、

それともG1クライマックスを優勝して、

2020年レッスルキングダム14、

東京ドーム2連戦でなのか!

www.noumisoprowrestle.work

かなり近い未来にチャンピオン・飯伏幸太が見られる!

 


Twitterのフォローお願いします!



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓

人気ブログランキング