脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。


MENU

【選手論】獣神サンダーライガーの素顔が見えた?KUSHIDAと鈴木みのるとの試合に見る”純粋サンダーライガー”?

KUSHIDA退団。

 

退団会見の時に、記者からの質問で「一番心に残っている試合は?」との質問に、

 

「福岡での獣神サンダーライガー戦」と答えたKUSHIDA選手。

 

 

www.noumisoprowrestle.work

 ライガー引退宣言?

 

2016年の福岡国際センターでのレスリングどんたくで行われた、

IWGPジュニアヘビー級選手権試合。

 

 

 

挑戦者のライガー選手は、この時期に「引退」をほのめかす発言をし、

 

「ライガー最終章」を提示しました。

 

 

”時のチャンピオンとやりたい”

 

2015年に引退した天龍源一郎さんと同じようなシチュエーションに、

「本当に引退するのか?」と、心がザワザワしたことを思いだします。

 

ライガー選手は、新日本プロレスの現役選手の中で、一番キャリアが長い選手。

 

全身コスチュームなので、見た目はこの何十年もかわっていませんが、

「引退」を考えてもいい年齢とキャリアです。

 

遂にライガーもそんな時がきたか。

 

そう思えば思うほど、KUSHIDA選手VSライガー選手の選手権試合は、

 

「チャンピオンVSレジェンド」

 

という構図に映り、単なる防衛ロードの一つではない様相を呈しました。

 

 

「ベルト、獲る気満々です」

 

KUSHIDA選手への挑戦表明時に言った言葉。

 

 

ライガーはいつだって、本気を見せます。

 

道場では、若手を厳しくも優しく導いてくれる。

解説席では、レスラーならではの視点で、わかりやすく伝えてくれる。

テレビでは、コミカルな一面を見せ、プロレスとは違う楽しみを見せてくれる。

 

 

しかし、対角線に立つ相手には、たとえどんなにキャリアが下でも、ベビーでもヒールでも、本気でライガーは立ち向かう。

 

その姿は、20年前も、今も、変わらない。

 

 

スゲー。

 

 

 KUSHIDAとライガーが魅せる”新日本プロレス”

新日本プロレスのレスラーの基本は、どこまでいっても「レスリング」だ。

 

スーパーヘビー級でも、ルチャ系でも、レスリングをないがしろにする選手に光をあてる団体ではない。

 

この時実況席にいた、棚橋弘至選手が、

「海外の試合で、ライガー選手とじっくりレスリングの展開を続けていたら、

”This is Wrestling"コールが起きた」と言いました。

 

この試合も、新日本プロレスが誇る、観ているものも息をのむ、じっくりしたレスリングの展開から始まりました。

 

 

しかし、ライガーは「怖い」

 

グラウンドの展開で膝にダメージを負ったKUSHIDAは、場外へエスケープ。

 

KUSHIDAを追撃するライガーは、鉄柵やコーナーポストへ膝を打ち付け、

更に場外での垂直落下式ブレーンバスター。

 

かなりのダメージを負ったKUSHIDAは、場外20カウントギリギリでリングイン。

 

しかし、ライガーの攻めは止まることなくエグい。

 

掌底連打、アームロック、ライガーボム。

 

ライガーの勝負論はえげつない。勝てるとわかれば、1点集中。

そこに「受けの美学」なんて存在しない。

 

続く、膝と腕への攻撃。

 

リングサイドに、三沢威トレーナがくるも、なんと三沢さんに蹴りを喰らわす!

 

「勝負」に介入する者すべてが「敵」だと言わんばかりに。

 

まさに、「怒りの獣神」でした。

 

 

最後の最後まで、試合のペースはライガー選手が握っていました。

 

しかし、勝負は一瞬。

 

ライガー選手が決めた、垂直落下式ブレーンバスターを、あえて「受ける」ことで、

ホバーボードロックへのチャンスを伺っていたKUSHIDA選手は、一気に腕を締めあげます。

 

「マジで折る」

 

その気概を、身体ではなく、に受けたライガーはギブアップ。

 

 

ライガーは純粋無垢

この試合を見て、KUSHIDA選手への感慨もそうですが、

やっぱりライガーは「世界の獣神サンダーライガーだ」と思いました。

 

ライガー選手は、気持ちをストレートに出す。

 

いつだったか、2000年くらいかな?

西村修選手とG1タッグリーグに出場し、連勝したときのバックステージだったと・・・

 

ああ、そうこれこれ

 

引用元:https://youtu.be/1Cu_Q6mFjE8www.youtube.com

 

 

つられ笑いするくらい喜んでますよね!

 

本当にプロレスが好きなんだなー!と思った瞬間です。

 

 

そして、悔しい時はハッキリと「悔しい!」と言います。

 

 

2002年、パンクラスの20周年記念興行に解説席にいたライガー選手を鈴木みのる選手が挑発。

その遺恨から、ライガー選手は、パンクラスルールで鈴木みのる選手と試合に臨むことになりました。

 


引用元https://youtu.be/LpFi14IzQmY

 

いつもの新日本での試合ではないルール。

打撃やグラウンドの展開も、全く別物の場所へ乗り込んだライガー。

 

ぶっちゃけ、無謀な戦いだったと思います。

 

いくら同じ「レスリング」を標榜していても、格闘プロレスと純プロレスは混じり合わない。それは、これまでの歴史がキチンと証明してきたこと。

 

でも、ライガーは行くんです。相手のリングに乗り込むんです。

 

なぜか?

 

獣神サンダーライガーだから!

 

 

ゴングが鳴るや、けん制しながらも間合いを詰めていく両者。

 

ここでライガーが仕掛けます。

自身のルーツである「骨法」の浴びせ蹴りを放ちますが、これをよけられマウントを取られます。

 

結局これが致命的となり、そのままチョークスリーパーでギブアップ。

 

1分半にも満たない短い試合。

 

相手の土俵での完敗。いくらだって言い訳ができるし、周りは「仕方ない」と思ってくれる。

 

だけど、ライガーは吠えた。

 

「悔しい!」

 

「もう一回やるぞ!」

 

 ライガーと鈴木みのる

その「もう一回」は、新日本プロレスに場所を移しました。

 

そう、これ以降、鈴木みのる選手は新日本プロレスに復帰し、さまざまな団体で、今なお活躍している。

 

恐らく、この試合がなかったら、鈴木みのる選手はプロレスへ復帰することはなかっただろう。

もしくは、今ほどの地位へは上り詰めていなかっただろう。

 

前田日明さんは、UWFとして一度新日本プロレスへ戻ってきたとき、試合を受けてくれた藤波辰巳さんに対し、

「無人島にいったら仲間がいた」と言いましたが、

 

ボクは、この時のライガー選手のことを、ケガなどで悩んでいた鈴木みのる選手を思い、

 

「無人島になってしまった場所に迎えに行った」

 

と勝手に思っています。

 

 

大の大人が、プロレス界のレジェンドが、

大観衆の前で、

 

「悔しい!」

 

これだからライガーが好きだ!

 

KUSHIDA選手の退団の話しなのに、ライガーの話しばっかになっちゃった。

 

 

でも、

 

 

ライガーがずっと、嬉しくて笑い、悔しくて叫ぶ姿を見せてくれる限り、

 

ライガーが、みんなのヒーロー「獣神サンダーライガー」でいてくれる限り、

 

30歳をこえてもなお、ボクたちはプロレスに熱狂する子どもの気持ちでいられるんだ、

 

と思う。

 

 

「次、挑戦できる時が来たら、絶対にそのベルトを腰に巻く」

 

ずっとその気持ちでいて欲しい。

 

 


Twitterのフォローお願いします!



↓この記事がオモシロかったら投票お願いします!↓

人気ブログランキング