脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本とDDT多め。飯伏幸太推しです。

MENU

飯伏幸太の入場曲かEVIL&SANADAの優勝か?先はどっち?鈴木みのるは?東京ドームのカードに足りないものは?

勝決定戦は、

EVIL選手&SANADA選手組vsG.O.Dで決定!

 

外道選手と邪道選手が伝授した、スーパーパワーボムをどう攻略するか!?

 

2連覇したら「イッテンヨン」は、IWGPタッグ選手権がほぼ決定。

 

バレットクラブの介入はあるのか?

もしくは、タマトンガ選手とタンガロア選手がクリーンファイトに目覚めるか?

 

見どころ満載のワールドタッグリーグ終戦

 

是非とも岩手の会場で!

行けない方は、新日本プロレスワールドで!

 

そして、この最終戦は「NEVER無差別級」がありますね!

 

王者・後藤洋央紀選手vs挑戦者・飯伏幸太選手

 

 

後楽園ホールでの「あの」一件。

 

あれ以来、後藤洋央紀選手の「殿」イメージが一新。

パパはわるものチャンピオン」での、棚橋弘至選手を凌駕するほどの名演技!

 

いや、演技ではなくマジの気持ちなんですけど、

 

そう思うくらい、後楽園ホール新日本プロレスワールドの視聴者も興奮する展開でした!

 

さあ、この2つの試合。

激アツのリング上を、

真っ赤なセルリアンブルーを制するのは一体誰だ!?

 

そして、どっちが先にあるのか!?

 

タッグ戦線は、シングルより下に見られる傾向あります。

でも、その概念を覆してくれそうなのは、

ブックより試合を重視する、重視してくれてるであろう、新日本プロレス

 

頼むぜ!

 

 

さて、ネット上の話題はすでに東京ドームに向いている様子。

 

2018年のレッスルキングダムは全9試合。

 

2019年は、

 

IWGPヘビー級選手権

IWGPインターコンチネンタル選手権

IWGPJrヘビー級選手権

IWGPJrタッグ級選手権

 

そして、オカダカズチカ選手vsジェイホワイト選手のスペシャシングルマッチが決定済み。

 

 

恐らく今年もロイヤルランボーは組まれるでしょう。

 

ということは、昨年からいくとあと3試合。

 

IWGPタッグ選手権は恐らく組まれるでしょう。

 

NEVER無差別級は、後藤洋央紀選手が防衛すれば、タイチ選手が。

 

飯伏幸太選手が奪取すれば、ツイッターで挑発している、ウィルオスプレイ選手が挑戦濃厚。

 

 

新日本プロレスのオフィシャルHPでは、

全8試合〜10試合と告知されています。

 

ということは、少なくともあと1試合はあるということ。

 

ならば、ドームに相応しい試合となれば、

NEVER6人タッグ選手権!

 

現在の保持者は、GOD &石森太二選手組。

 

石森太二選手はIWGPJrが、GOD はIWGPタッグと級選手権があります。

 

と、いう事は、

 

12.14と12.15のロードトゥ東京ドームで、

NEVER6人が動く!?

 

そうなったら、CHAOSや新日本隊、鈴木軍、バレットクラブの誰かで争われる可能性が高いです。

 

ロイヤルランボーかNEVER6人かは、

2019年の動きにおいて、重要なファクターになります!

 

今後の発表次第ですが、

今回のワールドタッグリーグや、Jrタッグリーグで注目された選手が名を連ねるのは歴然。

 

そして、昨年と同じ試合数を組むなら、

あと1試合はある!

 

 

石井智宏選手のシングルが見たい、、、

鈴木みのるとのシングルがもう一度、、、

 

 

全ては岩手で決まる!

 

よっしゃ!気合い入れるぞ!

 

嫁を質屋に入れてでも見たいこの一戦!