脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。

MENU

IWGPタッグも3WAY?EVILとSANADAの連覇を阻むのは新日本プロレスのシステム?

戦は金曜日!

 

さあ、新日本プロレス年間最後のビッグシリーズ。

ワールドタッグリーグも残すところ2日!

 

長いリーグ戦の結果、1位と2位のチームが優勝決定戦へ進み、

その勝者が、2018年の最強タッグ!そして、

 

1.4東京ドーム「レッスルキングダム」でのIWGPタッグ選手権試合への挑戦決定!

 

とみられています。発表はまだですからね。

 

公式戦の末、12月4日までの結果で14点以上のチームが優勝決定戦圏内でしたが、

12月6日の山形大会での結果を受けてこうなりました。

 

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2018/08/%E6%98%9F%E5%8F%96%E8%A1%A8_ja_ol01-14-672x448.jpg

(引用元:新日本プロレスオフィシャルウェブサイト)

 

18点を獲得した4選手の勝者が優勝決定戦へ駒を進める展開。

そして、公式戦の最終日程は、直接対決!

 

EVIL選手&SANADA選手組VSK.E.S

 

石井智宏選手&矢野通選手組VSG.O.D

 

前回大会覇者のロスインゴ組と鈴木軍の番犬2人組。

そして、現在の新日本プロレス最古参ユニットCHAOSからベテランタッグと、

現IWGPタッグ王者組。

 

さあ、誰が勝ち進むのか!?

 

北の地・秋田は12月なのに沸点まで急上昇!

 

そんななか、ふと、頭をよぎるものがあります。

既にドームでの試合が決まっている、Jr.ヘビー級タッグ選手権試合。

 

3WAYですよね。

 

IWGPタッグ王者はG.O.D。

 

ということは、リーグ最終戦で石井智宏選手&矢野通選手組が勝って

 

優勝決定戦で、2人を破ってロスインゴ組かK.E.Sが勝った場合

 

G.O.Dに挑戦する権利は、優勝チームだけでなく、CHAOSの2人にもあるはずですよね?

 

これまでの新日本プロレスのシリーズを通して生まれた因縁的に言うと。

 

あれ、ということは…

 

IWGPタッグ選手権も3WAY?

 

それはまあ、どうなるかを楽しみにしておいて…

 

しかし、ここまで勝ち星を挙げてきて、リーグを盛り上げてくれたチームにも拍手です。

 

本ブログでも、その陽気なキャラクターと実直なレスリングスタイルを伝えてきた、

ジュース・ロビンソン選手&デビット・フィンレー選手組

 

本隊屈指のパワーファイトで、新規外国人タッグがいない今回のリーグに、スーパーヘビーという華を添えた、マイケル・エルガン選手&ジェフ・コブ選手組

 

初出場であり、他団体からの大抜擢に、本人たちだけでなく、ファンの皆さんも燃えた

海野翔太選手&吉田綾斗選手組

 

新日本本隊所属の選手は、M-1グランプリで優勝して売れる芸人のように、

結果を伴って、ビッグマッチに挑むしかありません。

 

その一縷の望みを掴み、東京ドームへ行きたかったはず。

 

大丈夫。僕たちは覚えています。

 

白星こそ取れなかったあの試合の、

ここぞと決めて、返されたあの一発も、

 

いつかのIWGP戦の決め技になって、僕たちの心に届くまで。

僕たちは覚えています。

 

 

さあ!オレらファンの気持ちは整った!

最高のリーグ最終戦を見せてくれ!

 

そして、オレたちをドームへ連れてって!