脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本。飯伏幸太推しです。

MENU

ダイナマイト・キッドさんご逝去。

ダイナマイトキッドさんが逝去されました。

 

ボクはリアルタイムの視聴者ではありませんが、その活躍はアーカイブ動画などで何度も拝見致しました。

 

初代タイガーマスク選手との試合は、これまでのプロレスの概念を壊すものだったと、当時のプロレスファンの方は口々に言いますよね。

 

ボクにとってのダイナマイトキッドさんは、

ご本人よりも、大好きなレスラーからの影響が強いいですね。

 

マスクマン「ペガサス・キッド」として新日本プロレスに参戦。

その後マスクを脱いで「ワイルド・ペガサス」として新日本Jr.で活躍し、WWEのチャンピオンまで登り詰めたスーパースター、

 

クリス・ベノワ選手!

 

 

ダイナマイト・キッドさんに憧れてプロレス界に入ったクリス・ベノワ選手は、もともと「ダイナマイト・クリス」という名でデビューする予定だったそう。

 

しかしダイナマイト・キッドさんに由来する「ダイナマイト」の名を冠するのはおこがましいと辞退したという有名なエピソードがあります。

 

あの、クリス・ベノワ選手が畏れ多いと冠を返すなんて、如何にスゴいレスラーだったかが分かりますね。

 

クリス・ベノワ選手も2007年に逝去されていますが、

 

そのクリス・ベノワ選手に憧れて、そのレスリングスタイルに大きく影響をうけたのが、WWEのフィン・ベイラー選手ですよね。

 

 

プロレスのいいところって、誰かの「ism」を受け継いで歴史が続いていくところ。

 

最近では、邪道選手&外道選手の「レガシー」である、スーパーパワーボムを受け継いだG.O.D。

 

邪道選手&外道選手の現役バリバリを知らない子どもたちに、「あのチョロチョロしてるおじさん誰ー?」と言われたら、

「バカヤロー!タマトンとタンロアの強さはアイツらから来てるんだよ!」

と、言ってやりましょう。

 

これでアナタも口やかましい「プロレスじじい」の仲間入りです(ニッコリ

 

武藤敬司選手がバリバリに動けてた時代の動きは、SANADA選手や内藤哲也選手、新日本プロレス時代の付き人だった、棚橋弘至選手のレスリングにも見て取れます。

 

もちろん、100%同じなわけはないです。

コピーするためにやってるわけじゃないですし。

 

コピーバンドじゃ、いつまでたってもオリジナルは越えられないですから。

 

まあ、この話しは置いといて・・・

 

連綿と受け継がれていくプロレスの歴史と遺産。

誰かが伝えて、誰かが感銘を受けて、

生命は天に召されても、魂はファンの心に残り続ける。

 

R.I.P