脳みそプロレス

フリーのMC兼ライブハウス運営者による、プロレスのハコ推しブログ。新日本とDDT多め。飯伏幸太推しです。

MENU

ジェイ・ホワイト最強説で2019年はオカダカズチカ陥落?鈴木軍CHAOSの暗雲でリーグ優勝者は見えた?

3連敗!棚橋弘至選手&オカダカズチカ選手がジェイ・ホワイト選手らバレットクラブに3連敗ですよ!奥さん!

 

1.4東京ドーム大会「レッスルキングダム13」にも影響が出てきそうですよね。

 

オカダカズチカ選手はジェイ・ホワイト選手に勝てるのか?!

 それとも、ジェイ・ホワイト選手の勝利

IWGPヘビー級選手権勝者への挑発

1.5後楽園にてなんらかのアクション

冬の札幌2連戦もしくは春の両国王座戴冠

ジェイ・ホワイト選手一強時代突入…?

 

なんてストーリが僕たちプロレスファンの脳裏をよぎってしまうのか?!

 

 

そして、棚橋弘至選手はIWGPヘビー級選手権試合。

久しぶりの至宝奪還に向けて、コンディションを整えたいところですが連日の敗戦。

一方の王者・ケニー・オメガ選手は今シリーズは欠場。

試合をしながらコンディションを整えるプロレスラーにとって、

シリーズ欠場はどう影響してくるのか。

 

このあたりも意識しながら「イッテンヨン」を待ちわびたいですね!

 

さて、ワールドタッグリーグも終盤戦!

https://www.njpw.co.jp/wp-content/uploads/2018/08/%E6%98%9F%E5%8F%96%E8%A1%A8_ja_ol01-11-672x448.jpg

 (引用元:新日本プロレスオフィシャルウェブサイト)

 

ザックセイバーJr.選手&タイチ選手組と、バレッタ選手&チャッキー・T選手組が負けて、

序盤の失速を取り戻してきたマイケル・エルガン選手&ジェフ・コブ選手組が10点まで追いついて、3位グループを形成。

 

残すは4試合。全て獲れば合計で18点。

1位グループの3組、EVIL選手&SANADA選手組、G.O.D、石井智宏選手&矢野通選手組は現在12点なので、この3組が1試合でも落としたら、まだまだ分かりません。

 

この3組の強さはお墨付きですが、リーグで勝ち点に恵まれたのは強さ以外の理由があると思うんですよ。

 

それは、「ユニットのゴタゴタと関係なく試合できてるか否か」

 

 

今回のワールドタッグリーグ、本戦以外に注目される要素があります。

 

それは、「ユニットの不和」

 

「不和」といっても、ネットやファンの間で噂されるレベルですが、今シリーズの開幕戦から不穏な空気を出しているユニット、鈴木軍。

 

noumisopurun.hatenablog.com

そして、前シリーズから噂されている「CHAOSの裏切り者」の存在。

 

ザックセイバーJr.選手&タイチ組、バレッタ選手&チャッキー・T選手組が後半から失速したのは、このことと無関係ではないでしょう。

 

特に、チャッキー・T選手の連日の凶行!

 

 

リーグ戦の勝ち星で言ったらまだまだ優勝圏内にいるはずなのに何故?

やはり「裏切り者」は…

 

そうなると、12.4神戸大会で組まれる「CHAOS対決」

 

これまで順調に勝ち星を挙げていた石井智宏選手&矢野通選手組がついに、このゴタゴタで失速…?

 

内藤哲也選手がシリーズの後半欠場に関しての不満を会社にぶつけていましたが、

ロスインゴの絆は安泰。

バレットクラブは動きがありましたが、ジェイ・ホワイト選手の連勝などいいニュースばかりで、今新日本プロレスのユニットで一番の上昇トレンド!

 

EVIL選手&SANADA選手組、G.O.Dが何が起こるか分からないタッグリーグという魔物相手に、群を抜く活躍を見せている理由は、こういうところにもあるかと思います。

 

 

だからこそ、ゴタゴタのない本隊が頑張って欲しかった…

 

キン肉マン的に言うと、新日本プロレスの最強パワーを誇るガイジンコンビ

”2000万パワーズ”マイケル・エルガン選手&ジェフ・コブ選手組。

 

と、

巧みなタッチワークと多彩な個人技の融合が光る”四次元殺法コンビ”ジュース・ロビンソン選手&デビット・フィンレー選手。

 

 

ちなみに、先述したチャッキー・T選手とバレッタ選手の「ベストフレンズ」は、

いまいちパッとしたニュースがなかった2人なので、”ビッグ・ボンバーズ”とか勝手に思ってました…

 

 

 

とにかく!

 

新日本プロレスファンを驚かせ沸かせた、「ウォーマシン」のような新外国人枠がなかった今回のリーグ戦。

既存の外国人タッグが一花咲かせるチャンス!

 

タッグリーグで結果と遺恨を残して、2019年も「ガイジンムーブメント」を巻き起こしてほしいですね!